音楽好きでMac好きな27歳の思ったこと、考えたことを徒然と。    MSN:zenjou@yahoo.co.jp


by zenjou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2007年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

What'd I Say

ネットに繋がない生活。限界への挑戦である。

事情がありネットに繋げない。
Macbookはその瞬間から、ただの固いはんぺんだ。
どれほど依存していたのかを実感する。

また、多くのサービスがネットに依存していることにも気がつく。
CMも最近は『続きはネットで…』と案内する(続きなど見たくもないが)。
情報化社会なんて言葉は、既に時代遅れで使いたくもないが、物事ひとつひとつに更に情報が付随する。
CMの詳細も、マクドナルドの成分も、AV女優の日常も、私にとってはどうでもいいのだ。

だが彼らは言う。『更なる情報が知りたいならネットに接続するのだ』と。

どうでもいいのだ。
目の前にあるソレが全てで何も困ることはない。
そう考えることでネットに接続出来ない日々を乗り越える毎日である。

あぁ、依存症。
[PR]
by zenjou | 2007-02-19 10:30

two more years

休みであった。

湯船につかり、生活雑貨のキッチンのページを丹念に読み進める。

風呂上がり、『試してガッテン』を見る。
市販のカレールーが、どうしたら美味しくなるのか。
志の輔と山瀬まみがお互いの存在意義をかけたやりとりをしている。
無性にカレーが食べたくなったので、予定を早めて新宿に行く。


同期が1ヶ月福岡に行くという。(本当に1ヶ月かは、知らない。)
壮行会をやるぞと、場所の指定も時間も記載されてないメールが転送されてきたのが、昨夜の夜中過ぎ。
とりあえず、会社が終わる時間を見計らって家を出る予定だった。

予定を1時間早めて着いた新宿。
カレーを食べに『夢民』へ行く。
いつものベーコンエッグホウレン草を辞め、チキントマトを選ぶ。
やっぱりベーコンエッグホウレン草だと確信する。

適当な時間に来た代償か、いつまでたってもその後の連絡がない。
ビックカメラで携帯を覗き、小田急でトイレを借りる(小田急のトイレが恐ろしくキレイであった)。

それでもまだ時間があまり、仕方なくスタバでコーヒーを注文した。ときに電話がなった。

『crispy cream doughnutに並んでおいて』

噂のドーナツ屋である。
コーヒーを片手にドーナツ屋に並ぶという奇妙な構図であり、ドーナツを手に入れる頃には、恐らくコーヒーは空である。
まるで高度成長期の日本のよう、ただのドーナツに人が並ぶ。俺も並ぶ。

レジまで後少しのところ(既に1時間たった)で待ち合わせていた同期が来た。うまく試食を手に入れる。人生うまく回るものである。

やはりドーナツである。
列の長さに比例した期待感は、ドーナツを何か(specialな)別のものに変えていた。


場所を移し、福岡に行く同期と合流。
壮行会というよりは、バカな話をして終わった。
この位がちょうどいい。

家に帰り寝る。

朝起きると、お土産のドーナツは既に、5/6無くなっていた。
恐ろしい話である。
[PR]
by zenjou | 2007-02-06 10:09

Waiting For The 7.18

ものすごい虚無感がおそう。
誰も救われない。

そんな映画を見た。
ディパーテッド
レオナルドディカプリオ、マッドデイモン、ジャックニコルソン。
マフィアに育てられた警察官、マフィアになりきる警察官。
交差する二人は、それぞれが思い描く道とは違う道を歩むことになる。
物語はラスト10分で大きく動く、
失ったモノを取り戻そうとする男と、新しい人生を歩もうとする男。
二人は救われるのか。

この映画、原作は『インファナル・アフェア』香港映画。
原作は見たことがない。
今度の休みにでも借りて見よう。

映画館の帰りにひとり家具を眺めて。
通帳を眺めた。
[PR]
by zenjou | 2007-02-02 23:01