音楽好きでMac好きな27歳の思ったこと、考えたことを徒然と。    MSN:zenjou@yahoo.co.jp


by zenjou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Waiting For The 7.18

ものすごい虚無感がおそう。
誰も救われない。

そんな映画を見た。
ディパーテッド
レオナルドディカプリオ、マッドデイモン、ジャックニコルソン。
マフィアに育てられた警察官、マフィアになりきる警察官。
交差する二人は、それぞれが思い描く道とは違う道を歩むことになる。
物語はラスト10分で大きく動く、
失ったモノを取り戻そうとする男と、新しい人生を歩もうとする男。
二人は救われるのか。

この映画、原作は『インファナル・アフェア』香港映画。
原作は見たことがない。
今度の休みにでも借りて見よう。

映画館の帰りにひとり家具を眺めて。
通帳を眺めた。
[PR]
# by zenjou | 2007-02-02 23:01

THE PRAYER

銀座に行く。
香港から留学中の友人の誕生日。誕生会があるからと呼ばれた。
仕事を早々に切り上げ、プレゼントを買う予定は、残念ながらうまく運ぶためしもない。

ギリギリについた銀座駅でしょうがなくゴディバのチョコを見繕う。

待ち合わせから10分以上遅れて到着。
驚いたことに超多国籍。
香港、中国、韓国、フィリピン、そして日本。
総計20名以上。
みんな日本語が達者なのが素晴らしい。そして一安心。

会場では広東語と英語、日本語が飛び交う。広東語に至ってはまったくわからん。

香港では自分でニックネームを付け、それをパスポートに載せることができるらしい。
余談である。

美味しい料理とコーラで腹を満たし、大声で笑い、大声で冗談を言い合う。
そんな楽しい時間であった。


だが眠い。
[PR]
# by zenjou | 2007-01-31 10:26

i still remember

Bloc Partyの新作を買う。
RazorLightのように裏切られるのが怖がったが、一曲でその心配は払拭された。
3月のライブが待ちきれなくなる。

(エッチな動画を探して)Youtubeをうろうろしていたら、Madonnaのライブ映像がおいてあった。
提供がWarnerBrosと買いてあったから、恐らくオフィシャルなものであろう。
『jump』を歌っていた。
去年、日本に来日した際にPVを作った曲。ヤマカシ(数年前リュックベンソンが映画を撮った奴)みたいな集団が日本の商店街やお寺を走り飛び回る映像で印象に残っていた。
驚いたことに、ステージでも同じように飛び跳ねていた。
しかも、ものスゴいタイミングでMadonnaとすれ違う。一挙手一投足までプログラムされてるよう。
(リンクを貼って是非見てもらいたいが、携帯なので後にする)

自分が今まで考えていたGigという概念は、演じるその瞬間までどちらに転ぶかわからず、またそれを楽しむものであると考えていたが、(実際、昨年行ったAcidmanのgigは、ボーカルが歌えない状況であったが十分騒げた)
Madonnaは既に完成されたステージ(この際の『ステージ』は和製英語的概念であると思う。)を演じていた。
例えるなら、ミュージカル。そのようなモノであった。
(たった一曲の映像であるし、なぜこのような考察をしたのかは謎である)
(つまり週末に会社に出勤せることが億劫で、一種の現実逃避だとも思う)
(しかも東京は晴れている)
(おわり)
[PR]
# by zenjou | 2007-01-28 10:38

Mr.Brightside

髪を切るついでに、遅めのバーゲンに行った。
ここ数日、服を買いに立ち寄るがテンション上がらず、何を買っていいかわからず断念。
惰性で選ぶと、どういうわけか同じ雰囲気のものを買う。(お陰様で紫色のシャツが3枚あるし、同じAVを4回借りたこともある)
週末の会社に着ていけるようにと綿のジャケット、黒いセーター。普段着としてグリーンのセーター。シャツも欲しがったが予算が底をついたため断念。
サッパリした頭と共に帰宅する。

そういえば26歳の目標(また26歳だと思い出しショックを受けた)を。

今年は『有言実行』。

これを掲げてやっていく。
不実行にならないよう、口数少なく行こうと誓った埼京線の朝。

宜しく。
[PR]
# by zenjou | 2007-01-20 08:25

Drown The Baptists

26歳になった。
子供の頃、想像していた26歳はどうであったか。
考えてみたが、そもそも子供の頃26歳を想像していた記憶がない。企画倒れである。


せっかくだし、26歳の目標を建ててみたいと思う。
ガッツリ大見得を張っていく。

ちょっと今日1日考える。
[PR]
# by zenjou | 2007-01-12 10:18

Jane She Got Excavated

鼻の下は、もはやカピカピである。


なんだ、なんなんだ。
鼻水とはなんだ、ええ。お前どんだけ出てくんだ。
ちょっ、鼻毛も出てるよ俺。
なにこれ、鼻水が鼻毛とくっついて固まって、かつ取ろうとしたら鼻毛も抜けてんの。痛いわ。
鼻かむたびにティッシュに血が混じってるってどういうこと!?
つうか、うぇっwマジ鼻血でてんすけどっwww

修羅場。半端ねぇ。


すっかり熱は治まった。
が鼻水。
もう元気。
が鼻水。


しかしおみくじは大吉。
[PR]
# by zenjou | 2007-01-08 09:59

Age Of Consent

気がつけば、2007年も6日が過ぎてた。

明けましておめでとう御座います。

3日から風邪をひきまして。
なんとか仕事始めの4日は乗り越えたのですが、
その後の公休2日間は完全に寝ていたわけですよ。

おみくじは大吉。

本年も何卒宜しくお願い致します。

遅すぎた寝正月。
[PR]
# by zenjou | 2007-01-06 20:50

tell me baby

今年も残すとこ数日。
振り返ると1年が恐ろしい程早く、1日がハナ毛のように短い。

今年はどんな年であったか。
などと素敵に物思いに更けれるタイプではないので、明日の昼飯を考えつつあくびをする。

数日前の雨で乾ききっていない靴が、嫌な雰囲気を醸し出し、それと共に帰宅中である。


明日は仕事納め。
少しばかりの冬休みがはじまる。ガッデム。
[PR]
# by zenjou | 2006-12-29 00:00

the bear ride on his duck.

a0012660_813511.jpg

CONRAD TOKYOに行く。
エスカレーターを降りた先は、無機質なドアと廊下が続く。
ドラゴンクエストの無限に続くダンジョンの回廊のよう。

部屋の扉を開けて、その現実離れした空間に圧倒される。
kingsizeのベッドは正方形である。
縦横斜め北がどっちだって対応できる。
ガラスに囲まれたバスルーム、ルームサービスのメニュー、どれをとってめとにかくamazingってわけである。
たまにはいいと思う。


話は変わってウイイレである。
だいぶ操作方法にも慣れてきた。
右サイド、ロナウドから鬼アーリクロスを、左サイドのサハが左足でダイレクトを合わせた瞬間は、流石にサブイボが出た。
スコールズのスルーパスを、ルーニーがキーパーをあざ笑うかのようなフェイントで置き去り鮮やかに流し込む。
最高過ぎる。
しかしオンラインでは勝てない。
一人枕を濡らす日々である。
[PR]
# by zenjou | 2006-12-19 08:13

Save Me

休日であった。

ゲーマーでもあった。

朝(起きたときは11時頃であったが)、シャワーを急いで浴び、化粧も半ばで家を飛び出す。
向かう先は、駅前の家電量販店である。はずが、なんとお休み。
こんな大事な日に休むとは!ええい!潰れてしまえ!
と心の中で叫びつつ、その足で電車に乗り3駅先の大宮へ。

駅から早足でこちらも家電量販店に向かう。

ゲーム売り場は空いている。
こんな昼間からゲームを買う奴なんてロクな奴じゃない。
ロクでもない自分がいるわけだが。

んが、ないのである。
店頭にないのである。
探しても探しても、本来あると思われる場所にないのである。

恐る恐る店員に聞いた。
『ええええっくす、ぼぼぼっくすの ういにんぐいれぶんってありますか』
『はい、あります』
奴はレジカウンターの中に積まれていた。
『あるんだったら、陳列しとけ!このロナウジーニョとレコパを足して割ったようなごにゃごにゃ』
と言うことはなく。
素直に受け取る。

走って帰る。


家につくなり、ゲーム機を立ち上げる。
俺はもう動かない。動くの完全拒否だね。


HDなウイイレは、なんだか海外製の匂いがしますが、その画面の素晴らしさとオンライン対戦の素晴らしさに完全にノックアウト。うひゃー。
我がManchestarUnitedもついに実名、06-07シーズンユニフォーム。うひゃー。
さっそくネットにつなぐ。
オンライン対戦の記念すべき初戦は対日本。
オーストラリアを選択。
ウイイレでW杯1次リーグを再現。
ビドゥカの3ゴールで完勝。
んぎゃー、やべー興奮が止まんねぇ。



ひとり朝まで続く。
[PR]
# by zenjou | 2006-12-15 08:21