音楽好きでMac好きな27歳の思ったこと、考えたことを徒然と。    MSN:zenjou@yahoo.co.jp


by zenjou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

freak out

気がつけば12月。

素敵な女性に誘われ、恵比寿経由の代官山へ行く。
18時が、20時になり慌ててPCを落とし、駐車場で真っ裸になり、車で向かう。

BlocPartyのgigを取り逃してから、どうしても行きたかった代官山Unit。
fuckinな程デカい黒人に体を永遠と触られ、かつ免許証を提示し入場。

なにはともあれ飯である。

ライブハウスかクラブか良く分からない建物は、なせがカフェも併設されている。
カフェ飯と言うには、本気すぎる量を1時間以上時間をかけ崖から飛び降りる映像とコーラで腹に落とす。

23時。
フロアを移動すると、ライブハウスが出来ていた。
Killersが『 I never 』と歌い終えたというかdjが回し終えた瞬間、スクリーンに文字が浮かぶ。
『ACIDMAN』

物凄い跳ねた『リピート』から始まり、昔の曲が続く。
45分と短いgigだか、完全に喉をからす。

フロアを下り、スーツを一部焦がした頃、迎えに来てくれた彼女を増やし、車へ乗り込む。
途中、深夜のファミレスでメタボりつつ帰る。

家に着いて3時。
若い1日だった。
[PR]
# by zenjou | 2006-12-09 08:31

Price of gas

成長しすぎてやりたい放題になっちまった頭を見た。
というか見続けていた。

髪を切った。

髪を切ったことに気付かれないどころか、会う人会う人、『太った?w』と言う。


正解である。
世知辛い世の中である。
人間、もっと素敵な優しさで満ちるべきで、
『太った?』なんてストレートな言葉なんて投げかけるべきではないのだ。
もっとこう、オブラートに包む的な何か(~的な~というのはマイブーム)が必要だ。
『そういえば、最近F・A・T的だよね~』
なんて若干略語っぽくすればいいわけで、
『そういえば、最近メタボリズムだよね~』
なんて流行りのメタボリクに[izm]を付けて状態を表してしまうのもオシャレである。

とにかくだ、安易に言葉を投げかけるのは良くない。
もっと言葉を選定し、頭を使うべきである。


以上!
[PR]
# by zenjou | 2006-11-29 08:04

tomorrow is anoter day

日頃の運動不足を激しく叱咤する筋肉痛。
また野球である。
前日に、ビクトリアの店員と指差し確認をしつつ選んだアンダーウェア、スパイク、ベルト、そして5本指靴下(松井にしこりも着用)を着用。
準備万端である。
相手がリトルリーグであれば一回の表くらいやれそうである。
もちろん先行。

一番レフト
まるでイチロー。
しかし現実は、パワプロで言うオールEである。
第一打席 空振り三振。
そんなもんである。
守備については、ひとりバレない程度歌を歌って過ごす。
日ハムなら25%の減棒に違いない。

第二打席 ワンアウト 一二塁 センター前ヒット。
やれば出来る子である。
その後監督の判断で交代。
ベンチ裏で、くるま団吉について思いを巡らせていたのが原因だと思われる。

試合は6回にエラーで逆転され。
そのまま一点差で敗れる。
今季最終戦はあっさりと幕切れ。


家に帰る。
風呂場にどうしようもない雑誌を持ち込み1時間つぶす。
風呂上がり、パソコンを立ち上げ、電話しながらチャットしつつ尚且つビデオをみると言う素敵な時間を過ごし23時に寝る。


朝起きたら筋肉痛だったわけよ。奥さん。
[PR]
# by zenjou | 2006-11-27 10:25

all around the world

休日。
遅く起きた朝。
カップに注いだ紅茶を片手にコタツにもぐる。
ウチは誰よりもコタツを早く出し、遅くしまう。と思う。
恐らく5ヶ月くらい出されっぱなしであろう。

ミクシのお絵かき部で絵を描かなくてはならないのだが、どうも上手く描けない。
きっと、もんじゃ焼きの絵が汚すぎるからだと思う。

テレビをつけると、トムハンクスが空港で暮らす映画が流れていた。
全てが中途半端であった。

だからフジQを書こう。
先週、1泊2日で出かけた。
奇跡的に6時で上がれた3人+光が丘の35歳を乗せ、はちきれんばかりの車で出発。
高速を駆け下ること2時間、ホーンテッドマンションを抜け素晴らしい宿に着く。
Dr.コトーが見守る中、アリ対猪木の熱戦は、予想外の放屁という形で終わる。
露天風呂で女子風呂を覗こうとするも、賛同者が皆無な為、ガチャピンのくちばし観察へと変更する。


翌日。
当てにならない天気予報(そもそもメンバーがメンバーな為、天気予報を見るまででもないが)を恨み、フジQへ。
フジヤマから始まり、ガンダムで青ざめる。
とにかく、ガンダムは最高だ。フジヤマも、ドドンパも、ええじゃないかもどうでもいい。
とにかくガンダムにつきる。
ニュータイプは伊達じゃない。本来はνガンダム。
あまり評判が良くなかったのは気のせいである。
独断と偏見でお土産を選び、後ろ髪ひかれつつボールとカツレツキッカを後にする。

その後もいくつかアトラクショ(ガンダム以外なので以下省略。)


最大に楽しんで帰途につく。
厚木で犬に吠えられつつ、渋谷によりつつ、サザンテラスによりつつ、帰宅。


ドドンパが45°で止まっていたのん知るのは、家に帰った後である。
[PR]
# by zenjou | 2006-11-22 21:17

she is no punk just girl

oasisから書こう。

小雨を浴びて降り立つ恵比寿。
既に開場時間は過ぎている、コインロッカーに仕事を突っ込む。
駅から徒歩5分程の開場。
入り口でIDのチェックと引き換えに、過去のジャケットが全て印刷されたパンフを受け取る。

ステージ左奥でDJがSEを流す。
ocean color sceneなどどうでもいい。
ステージの壁から赤い布が揺れる。oasisのステージだと実感した。

開演時間を10分過ぎた頃、ようやくノエルがステージに上がった。

信じられないくらい近い。
横浜アリーナ、代々木体育館、千葉マリンと見てきたが、今日は手の届きそうな程近くにいる。
この時点で若干失禁。

アコースティックと言う割にはエレキも使う。
アンプラグド的な雰囲気なら歌うのも(おそらく)控えたが、Cast no shadowが流れる頃には大声で歌う(叫ぶ)。
最高すぎるwhatever. wonderwall. dont look back in anger.に続き、Beatlesのstrawberry~が流れる。この時点で若干放屁。

1時間。とても短いステージを歌い上げ彼らは帰って行った。
赤い布は、その熱を逃し黄色く染まる。
人はただステージを見上げ、彼らの残像を探した。
最高の夜だ。
[PR]
# by zenjou | 2006-11-20 10:10

champagne supernova

amazing

奇跡である。
興奮は頂点まで上り詰め、
携帯を手にしたその左手の先が酸欠になるほどである。

今月末、OASISがベスト盤を出す。
「ベスト盤なんて、終わったバンドが出すものだ」
NoelかLiamが大昔に叫んでいたが、この際どうでもよい。
とにかく出る。
それのプロモーションか、Noelが来日する。

数年前、MTV UnpluggedにOASISが出演しことがあった。
最悪に空気が読めないLiamは直前まで酒を浴びる。
それを見たNoelは、腐った弟に対してステージに出ることのないよう忠告。
OASISと言う名のNoelのUnpluggedが始まった。(結果クレジットはNoelとなっていたが)
兄貴の歌うWonderWallは、今でも耳に残っている。

プロモーションとして、Noelがアコースティックgigを行うらしい。
fuckin specialである。
そのチケットが当たったとなれば、もうどうしようもない。
感無量である。
つまり感無量である。

ただ。
仕事である。
[PR]
# by zenjou | 2006-11-10 23:27

cast no shadow

16時を過ぎるとやってくる。
決まってそれは胃を圧迫し、みぞおち辺りにねっとりとしたタールのようなものをこびり付ける。
落ち着かない時間とともに、疲労感と眠気が襲う。
体重は1ヶ月で4kg落ちた。
病んでいると言われるが、そうでもない。
3食取るように努めているし、野菜ジュースも欠かさない。(恐らく自覚が足りないだけだろうが。)

ただ1つここにユーモアを添えるとしたら、それはガスが貯まるということ。
ガスなんて素敵な逃げ言葉で実際はオナラである。

16時過ぎのみぞおちと疲労感と眠気、それにオナラの4重奏である。


たまり兼ねて医者に行くが、何も問題ないですねとあしらわれる。
問題がなければ、そもそも医者に行くわけもなく、助言を求めるはずもない。
いくつかの質問を無言で交わす彼に嫌気が差し、受け取った処方箋は、その場で丸めてゴミ箱へ投げ捨てた。


残念ながら、未だに1ページが重い『武士道』は枕の側で寝かせ、単純なstoryを手にとり家を出た。
水っぽくなったgrand sizeのlateとoasisを聞く。
羊をめぐる冒険には休息が必要である。

oasis は気がつくと、the corrs に変わっていた。
夜はまだ長いと思う。
[PR]
# by zenjou | 2006-11-06 20:27

i wont get grazed

会社の近く、ロッテリアがあった。
大学の近くにもロッテリアがあり、テリヤキバーガーばかり食べていた。
テリヤキバーガーの素晴らしさを語りたい気分だが、そんな気分でもないのは良く知っているからやめておく。

そんなロッテリアが急に潰れた。
マクドナルドの陰謀かとも考えたが、そこまで流行っていた店でもなかったので納得出来る。
潰れた彼の前を通るのは耐え難く、しばらく避けるようにしていたのだが、
いつの間にか新たなテナントが入っていた。

吉野家

彼は奴にその体を奪われたのだと知る。
どうしようもなく情けなくなった。
同じ牛肉を加工するもの同士、もっと妥協点を模索出来なかったのかと、
牛丼バーガーで手を打てなかったのかと。


気がつくと泣いていた。
食べかけの牛丼に涙が落ちた。
そして気がついたのである。
卵を頼んでなかったことに。
そして隣で一緒に食べてる同期の財布には金がないことに。
つまり、すべて俺が払うってことに。


数年ぶりに牛丼を食べた夜であった。
[PR]
# by zenjou | 2006-11-05 10:09

positive tension

富士Qに行こうと誘われた。のが1ヶ月前。
よく考えてもいなかったのだが、寒い。はずである。
11月中頃の気温はどうであろうか。
検索をかければ出てきそうだが、億劫だし、今は携帯だしあきらめる。

オナラをしながらテレビを見ていた。
永瀬や夏木マリがフリースを素敵に着こなしているのを見て、コレだと思った。ビビビと来た。出来れば夏木マリでお願いしたいくらい。とにかく魔女である

仕事帰り。
ユニクロに向かう。
フリースを手に取る、そして目が覚めた。
俺、顔が永瀬じゃねえ。
おそらく、あと数センチ何かが足りてねえ。
とりあえずアイプチだと思った。

突っ込むとこはないと確信している。
言うなれば確信犯である。
[PR]
# by zenjou | 2006-11-04 08:20

GOAL

1人映画を見に行こうと思うも、見たい映画もなし。
車を出すのも億劫で、駅まで歩く。
DVDとCDを1時間かけて借りる。

『GOAL』
サッカー映画。
単純なサクセスストーリー。
だがそれでいい。
途中レアル・マドリーのメンバーが出てくる。かなり意味不明。
ジダン、ラウール、ベッカム。
まるでムービースター。むしろベビースター。

それと、NINTENDO DS のWinning Eleven DSを購入。
非常に微妙である。

時間が過ぎるのが遅い。
[PR]
# by zenjou | 2006-11-01 22:42